トップ > お知らせ一覧 > ICカードご利用方法の変更と共通乗車ポイントサービスについて

ICカードご利用方法の変更と共通乗車ポイントサービスについて

2020-12-25
いつも山陽バスをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
全国相互利用サービスおよび、ICカードのご利用方法の変更、「共通乗車ポイントサービス」の開始月と
山陽バスカードおよび磁気券の発売・利用終了時期が決まりましたのでお知らせいたします。
 

1.全国相互利用サービスへの対応開始について

  
 1 全国相互利用サービスへの対応により、新たにご利用可能となる交通系ICカード
 「Kitaca」(北海道旅客鉄道株式会社)
 「PASMO」(株式会社パスモ)
 「Suica」(東日本旅客鉄道株式会社)
 「manaca(マナカ)」(株式会社名古屋交通開発機構および株式会社エムアイシー)
 「TOICA」(東海旅客鉄道株式会社)
 「はやかけん」(福岡市交通局)
 「nimoca」(株式会社ニモカ)
 「SUGOCA」(九州旅客鉄道株式会社)
 ※( )内は、交通系ICカードの発行会社です。
 
 2 サービス開始時期  
 2021年3月
 
 3 全国相互利用サービスでご利用可能となる路線
 山陽バス株式会社の全路線(高速バスを除く)
 
 

2.ICカードご利用方法の変更について

 2021年3月から、当社全路線(高速バス除く)においてICカードを利用してバスにご乗車いただく際は、乗車時にICカードを乗車口のIC読み取り機にタッチしていただき、降車時にも運賃箱のIC読み取り機にタッチしていただきます。
 
乗車時と降車時に各1回ずつタッチしていただくことにより、お客さまのご利用区間および時間帯等の詳細データの取得が可能となるため、ご利用に応じたダイヤ設定などを検討してまいります。
 
 

3.「共通乗車ポイントサービス」の開始について

 2021年4月から、事前に登録した対象のICカードのチャージ額を利用して山陽バス・神戸市バスにご乗車いただくと、1カ月間のご利用額に応じてポイントが貯まります。
ポイントサービスについて、詳しくはこちらをご確認ください。
 
対象のICカード
1) ICOCA(小児用 ICOCA、スマートICOCA、KIPS ICOCA を含みます)
 
ICOCA利用許諾済。この許諾は、西日本旅客鉄道株式会社が本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。
西日本旅客鉄道株式会社の都合により、予告なくICOCAカードが交換されることがあります。
「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
 
2)特別割引用ICカード
カード発行に関する申し込み・お問い合わせは、スルっとKANSAI
 

4.「山陽バスカード」等の磁気券の発売・利用の終了について ( 12月17日更新 )

 現在、ご利用いただいております「山陽バスカード(小児用・昼間専用を含む)」は、2021年6月末日で発売を終了いたします。ご利用は、2022年3月末日までです。
また「磁気定期券(他社連絡定期券等を除く)」につきましては、2021年12月末日で発売を終了いたします。
 

お問い合わせ

山陽バス企画部 8:45~17:30(土日祝日・年末年始除く)  TEL 078-782-6068
 

ページトップへ

貸切バス事業者安全性評価認定
貸切バス事業者安全性評価認定 山陽バスは貸切バス事業者安全性評価認定制度に基く認定を受けました。
お忘れ物について
お忘れ物について 忘れ物をされた場合は、こちらにお問い合わせください。